BUSINESS
事業概要

事業内容

01

法人向け事業

アートを戦略的に活用する企業に向けた、企画提案と実行・運営

02

個人向け事業

アートの多様な愉しさを伝える、情報発信メディア

基本設計

出資各企業による資産提供と、アートメディアビジネスにおいて10年間の実績を持つ、株式会社アマナのノウハウ提供を基礎とし、本事業を運営します。なお、株式会社MAGUSと株式会社アマナは、業務提携契約を締結いたしました。

世界有数のアートメディアと契約を結び(現在、交渉中)、世界のアート市場と日本のアート市場をつなげて、情報の非対称性を解消し、日本のアートマーケットの拡大を目指します。

この流れを拡大するべく、方向性を同じくする企業に参画を促し、コンソーシアムの拡大を目指します。

私たちの目指すところ

世界のアート関係者が指標としている「The Art Basel and UBS Global Art Market Report」 によると、日本のアート市場の規模は依然として小さく、世界における日本の経済規模が上位を占めるのに対し、アートの市場規模は「その他の国(rest of world)」の一つに過ぎません。アートの市場規模が大きい国では、アートは、富裕層だけのものではなく、暮らしの一部であり、身近な存在です。企業や個人がアーティストの支援やアートの購入に積極的なほか、企業はブランディングやコミュニケーションにアートを活用しています。
今後、MAGUSはアートシーンのプラットフォーマーとして、新しいコミュニティ、新しいアート経済圏の創出を目指します。世界と日本、買う主体とつくる主体を結びつけることで、アートを通して社会問題を語り合い、作品を購入することが日常となり、アートへの取り組みが企業の品格を表わす社会への変革に貢献します。